戸建ての取得には多角的な検討計画を。

中古の戸建て住宅を購入しました。基礎や枠組み等もきっちり造っているようですし、内装や造作もそれなりにお金がかかっています。我が家が自分で同じような注文住宅を建てるのは、まず無理です。

実家の両親が老いていくので、同居した方がよいのではということで、広告等でいろいろな物件チェックしていました。ある不動産の中古物件の広告に出ていたので、問い合わせたのが今の住宅です。問い合わせてから購入までするすると都合良く進み、ほとんど滞ることがありませんでした。

 

他の物件を見学することもなく、今の家だけで決定してしまいました。ほとんど勢いでしたが、その為、選択に関して苦労することはありませんでした。きっとこういうケースを「縁があった」というのでしょう。

今の住宅で気に入っているのは、まず家も土地もそこそこ広いということです。私が若い頃から広い土地の広い家に憧れていたので、そういう家を手に入れられて嬉しかったです。また、それなりの建築会社による注文住宅だということです。

 

後悔というほど強くありませんが、事前にもっとチェック、検討すべきだったのは、資金計画です。両親と我が家世帯との生活費と、ローン返済、教育費や車にかかる費用、老後の資金等、生涯に渡っての見通しがよくできないままに購入したので、甘かったと思います。

 

また、広い家を購入できて良かったのですが、税金や維持にかかる金額も大きいということに前もって気づいていませんでした。それを含めて資金計画を練るべきでした。

 

妻であり母である私から見て良い家は、第一に安心と安全が最低限保証されていることです。第二には家族が顔を合わせて和める工夫がされた家です。第三に、家事の負担が軽減される家です。基本的に今の家はこの条件をクリアできていると思うので、その面では満足しています。

 

子供は一人ですが、やはり自分の部屋は確保してやろうと思いました。ただ、小学校くらいまではできるだけ家族一緒に生活したかったので、実際に子供が自分の部屋で寝起きするようになったのは、中学校入学後です。

 

戸建てを購入して良かったのは、二世帯で住めたことです。毎日の家事負担を両親が分担してくれるので、とても助かっています。また何かしらの困難に見舞われたとき、傍で支えてもらえるのも感謝しています。

 

私たち子世帯では、それまでが狭い集合住宅だったので、広さのある家に住めて気分的に余裕が感じられるようになりました。

 

戸建てを手に入れるのは、夢があります。が、夢を追うのに夢中になるだけでなく、資金や家族関係や土地柄等、様々に検討すべき項目がありますので、考えるべきところはしっかり考えて、後悔しない家選びができるとよいと思います。

PR|内職 アルバイト|生命保険の口コミ.COM|初値予想|住宅リフォーム総合情報|SEOアクセスアップ相互リンク集|GetMoney|サプリメント|マッサージのリアル口コミ.com|童話|工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|生命保険の選び方|ショッピングカート|オーディオ|