家づくりで子供のために気を付けたこと

私は、新築の一戸建てを耐震設計で建てたのですが、間取りを組み立てる上で、家づくりで気を付けたことがいくつかあります。それは、なるべくフラットな家のつくりにしたことです。
当時は子供がいなかったのですが、段差があったりすると危ないので、リビングの畳コーナーなども敢えて段差を作らずにいました。また、二階の部屋なども全て段差を作らず、洗面所などもそのまま行くことが出来るようにしています。
また、階段もまっすぐな階段だと転がり落ちてしまったときに怪我をしやすいので、曲がった階段にしました。また、シースルーの階段や、階段の一段一段に空間がある階段も選ぶ事が出来たのですが、そういった階段は、危険だと言うことで、小さい子が落ちてしまう可能性があるということで避けました。
また、子供のために、なるべくアレルギー反応が発生しない、そういった家づくりを心がけました。家の素材なども気を配って貰うようにして、自然な素材を使うようにしました。