将来の暮らし易さを計算して新築を建てる

私は素晴らしい平屋に住んでいる友人から強く勧められたので、家族と住むための平屋で地震に強い家を閑静な住宅街に建てる決断をしました。平屋の木造住宅に住んだことがなかったのですが、新しく建てた平屋の一戸建ては非常に住みやすかったので家族の評判が良くて満足度が高かったです。私は広くない一戸建てを建てるつもりはなかったです。平屋は広い部屋を複数造ることができるので私の理想にピッタリ合う構造でした。自分や家族がどんな家に住みたいかを何日もかけて考えてからデザインをするといいです。私は現在の住みやすさだけでなく将来の住心地も考えた一戸建てにしようと決めていました。私は家族が増えたり、家族が年を取った時の生活のしやすさを熟考してデザインしました。また、長く住んでいて気に入らないところが出てきた時にはリフォームをしようと思っていました。そのため、リフォームする時に苦労しないで済むように加工しやすい木造住宅を選びました。

カテゴリー: 新築一戸建て パーマリンク